So-net無料ブログ作成

年金運用の見直し必要=原口総務相(時事通信)

 原口一博総務相は26日の閣議後記者会見で、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が国債を中心に運用している公的年金の積立金について、「一つの機関が一元的に運用していいのか。全額国債で(運用を)やるのであれば、国債のリスクヘッジはできないから、国債が暴落したときに年金も暴落する」と指摘し、運用機関や運用先の見直しが必要との認識を示した。 

【関連ニュース】
陸山会事件、党は調査せず=不動産所有「倫理の問題」
鳩山元総務相に説明求める=母親からの資金提供
党再生へ波なお高し=攻勢自民、内情は「敵失」頼み
鳩山邦夫氏、党政倫審で聴取へ=自民
放送内容に介入しない=「関係者」発言で釈明

神戸市の女性講師と判明 綾部市で発見の遺体(産経新聞)
企業再生支援機構の活用検討=ハウステンボス再建で−前原国交相(時事通信)
小規模局の監督・検査手法を検討=郵政見直し、民業圧迫に配慮−亀井担当相(時事通信)
【from Editor】純文学は聖域か(産経新聞)
<ひったくり>愛知で連続7件 バイク使用し被害額14万円(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。